インプラント 大阪 痛くない 埋入術

代表的なインプラント適用のケース

代表的なインプラント適用のケースは、他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとするとブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。



両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと考えている患者さんには、やはりインプラント適用が一番でしょう。インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、歯周病には気をつけてください。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスが必ず求められます。ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。
さらに深いところまで感染する可能性もあるため一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。入れ歯では噛んだ感じがしない方や、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってぴったりくるのはインプラントです。


チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつける治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを要求する方に向いています。
全てのインプラント患者にとって、治療費の高さは重要な問題ですね。



この治療の費用は歯科医院それぞれで大きく異なります。インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に決められるのが建前です。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。



インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的な相場とみて良いでしょう。


初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

まず、差し歯というのは、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合はそもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。さて、そこでインプラントですが、これはチタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。



ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用が負担となる方も決して少なくありません。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、いわゆるデンタルローンのような独自の分割払いを取り入れた便利な歯科医院も多くなってきました。費用全てを現金で一度に支払えなくても、自分が希望する治療を始めることは十分可能になりました。

数々のインプラント治療の問題点について、広く調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという問題はありませんでしたか。でも、気にしなくて良いです。磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査には問題ないのです。インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。これは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。入れ歯などの方法と比べると、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。
この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの熟練の技を置いて語れません。それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。



他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の成否を分けます。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが例外なく阻害する働きをします。
インプラント治療を順調に終えようとするなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙を決意してください。治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。場合によっては、保険診療にもできるようですが、その条件はとても厳しいのです。自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると数倍の費用がかかるケースもあることをくれぐれも忘れないでください。

 

サイトマップ